神戸レーダー 公共施設 新築・建替え 意匠・デザイン 企画・設計 設計コンサルタント

大阪湾での船舶事故がきっかけで、淡路市の江崎山に在る既存のレーダー施設の移転計画が立てられ、ポートアイランド(第2期)地区の海沿いに本建物が建設されることとなった。
建物形状は既存施設を踏襲、更なる機能強化と使いやすい施設となる様、耐震壁を除き乾式壁による間仕切とし将来の間取りや室用途変更のし易さに配慮した。
また一部プレストレストコンクリート造とする事で、大スパンを実現し自由な機器配置を可能とした。
建物外観は世界との玄関口として日本の近代化を牽引した、国際都市神戸の街並みに見られるレンガをアクセントとして取り入れ、歴史を継承しつつ現代との調和を図った。
レーダー塔は白を基調とした色彩とする事で、海辺や六甲山等周囲の景観に馴染む様にした。
新しく生まれ変わったレーダー施設は、既存レーダー施設と連携し、これからも私達国民と海の安全を見守ってくれるだろう。

所在地
兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目2番1内
主要用途
行政施設
竣工年
2022年
業務期間
2020年05月 〜 2022年03月
敷地面積
2,386.86㎡
建築面積
620.72㎡
延床面積
1,805.06m²
階数
地上3階建て
高さ
14.80m
棟タイプ
単棟型
構造
RC造、 その他
発注者
第五管区第五管区海上保安本部 交通部 整備課
備考
建物構造一部プレストレスト・コンクリート造
レーダー塔⇒築造面積:59.29㎡、高さ:27.98m、構造:鉄骨造
建物+レーダー塔最高高さ:41.95m

関連サービス

関連する課題

関連プロジェクトストーリー

contactお問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連実績

関連実績一覧に戻る