武蔵野市障害者福祉センター 改築プロジェクト 公共施設 教育文化・福祉医療 新築・建替え 意匠・デザイン 企画・設計 設計コンサルタント

【地域と「つながる」未来に「つながる」障害者福祉施設】
施設が新しく生まれ変わることで街に開き、地域と共に施設の運営や交流、互いの理解を深め合う事で誰もが活躍し“共存”し続けられる、これからの障害者福祉施設としてのあるべき姿を実現します。

3つの施設利用者のための「つながる」空間のコンセプトを設定します。
Ⅰ. 明るく温かく利用者が「つながる」空間 自然採光や通風、千川緑道のみどりを空間に引き込み、居心地の良い場所をつくり出します。職員も利用者も気持ち良く過ごせる空間とします。
Ⅱ. バリアフリーに「つながる」空間 誰もが自由に利用できる空間。わかりやすい動線とユニバーサルデザインを取り入れ使いやすくフラットな空間とします。
Ⅲ. 変化する未来にフレキシブルに「つながる」 時代の中で変化していく機能のために壁や窓、設備がフレキシブルに動かせる空間とします。

所在地
東京都武蔵野市八幡町4丁目28−13
主要用途
福祉医療施設
業務期間
2022年06月 〜 2025年09月
敷地面積
1,286.73㎡
延床面積
1,850m²
構造
RC造
発注者
武蔵野市

関連サービス

関連する課題

関連プロジェクトストーリー

contactお問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連実績

関連実績一覧に戻る